車を買うときは現金・ローンどっち?

“車を購入するときの方法は、現金一括とローンがあります。
中古車を除いて、数十万円で購入できる商品はほとんどありません。
新車だと200万円~300万円が相場であり、一括購入するのは容易ではありません。

購入方法を年収で見てみると、高額年収の方ほど現金一括で購入する傾向があります。
十分な資産を有しているため、分割にする必要がないわけです。
お金を借りると利息が発生することを知っているので、コスト削減のためにも一括払いなのです。

世間一般的な年収の方は、ローンを組んで購入する傾向があります。
高額な車を一括購入できる方は多くはありません。
頭金をある程度用意して、残りは分割にする方が多いです。
そうすることで、貯金を残しながら車を購入できるのです。

利息を考慮すると、絶対的に現金払いのほうがお得です。
分割にすると借入額・期間に応じた利息が発生します。
低金利の融資でも、借入額が大きく、借入期間が長くなるようでは相当額の利息となります。

ローンの場合は、貯金を残しつつ購入できる利点があります。
高額な買い物をするとき、貯金を使い果たすのは好ましくありません。
一部を頭金に使うのは問題ないですが、最低でも給料の半年分程度の貯金は残しておくべきです。
急な失業・リストラに遭遇したとき、お金がまったくないようでは困ります。

現金と分割払いのどちらを選ぶかについては、今後の生活を考えてシミュレーションしていく必要があります。
一人暮らしで高額なお金がかかる予定がないならば、貯金を多く充てるのはいいでしょう。
しかし、家庭があり子作りの予定もあるという状況ならば、なるべく多くの貯金を残しておくべきであり、頭金と分割払いを併用して支払っていくのが好ましいでしょう。
ほとんどの融資は追加返済や一括返済が可能なので、予定よりも早めに完済することが可能です。
毎月の返済額を少なく抑えておき、貯金がある程度増えてから残りを一括完済する方法もあります。”

サイト紹介

鍵屋を呼びたいけど料金が心配
作業前に見積明示で安心の対応

中古車査定に必要なものって?
書類関連はもちろんキレイにしておくべき場所とは

不用品回収の料金を安く抑えたい
目的によってプランを使い分けて更にお得に