Monthly Archive: 9月 2015

ローンの方が値引きが大きい

“車を購入する際は、発売されて間もない新車であっても値引きの交渉はしてみるものですね。
勿論車によってその額は全然違います。
売れ筋で、値引きしなくても売れる車ならその額は小さいですし、なかなか出ない車なら大胆な額を言ってみても通る可能性があります。
さて、車購入の際は現金で購入か、マイカーローンを組むかという選択肢がありますね。
もし値引き額を大きくしたいなら、これはローンを組んだ方が絶対有利です。
なぜかというと、ディーラーの系列の会社でローンを組んでもらうと、それもその店の成績になるからです。
勿論払えるなら現金一括の方が金利がかからないので、全体的な支払額は少なくなります。
しかし途中で繰り上げ返済も可能なので、とりあえずローンを組んでおいて、途中で一括返済をすると値引きも大きくなりますし、金利もそれほど払わずに済みます。
これはどちらがお得なのかは交渉してみないとわかりませんので、選択肢として両方残しておくとよいでしょう。”

頭金額で審査も変わる

“ローンの審査というのは、絶対的な基準が設定されているものではありません。
属性の総合ポイントにより融資の可否が決定しますが、頭金の金額も大きく関係してきます。
頭金が0の場合と、借入額の2割の場合なら、間違いなく後者のほうが審査で有利となります。
借入額の2割と3割を比較した場合は、確実に3割のほうが有利です。

なぜ頭金が影響するかというと、頭金の金額により借りる金額が変わるからです。
キャッシングの審査にも言えることですが、借りる金額が少ないほうが審査に通過しやすいのです。
50万円なら無理だけど、30万円ならOKというケースはよくあります。

頭金は多いほどいいですが、用意できない場合は希望額を減らす工夫をすることです。
欲しい車を妥協してランクを下げるのは辛いでしょうが、ローンを組めなければ意味がありません。
ローンを組める程度まで、希望額を減らす必要があるのです。
年収400万円の方ならば、120万円程度に留めておくのがいいです。”

目的額を貯めるという楽しみも

“車を購入する時に現金で支払うメリットとして、目的額まで貯めるという楽しみがあるというものがあります。
ただ、目的もなく貯金をするというのは節制することが苦手な人にとってはおもしろくないことだったりするのですが、車を購入するという目的があればその目的に向けて少しずつ貯金が増えていくというのは、励みになって楽しいものとなります。

すぐに車を購入することは出来ませんが、車というのは時代とともに進化を続けていくものであるため、お金を貯め続けている間にも車はどんどんと良くなっていくため、車を購入するためにお金を貯め始めた頃よりも貯まったときの方が良い車を購入することが出来るという利点もあります。
そのため、すぐに車を購入することは出来ませんが、お金を貯めている間に車の進化を感じることができますから、それだけ車を購入した時の楽しみが増えるという利点もあるため、現金で購入するには目的額を貯めるという楽しみもあるのです。”

貯金を残すという選択

車を購入するときの支払い方法として、貯金を崩して一括現金払いにするか、頭金を支払ってローンを組む、もしくは全てローンで支払う方法があります。現金で一括払いにすれば、毎月のローンの支払いがないので負担がありませんし、ローンの利息を払う必要もありません。しかし、現金一括払いにすることで、貯金を全て取り崩してしまったら、万が一、働けなくなって収入がなくなった場合は生活費が足りなくなって困窮してしまいます。そうならないように、ある程度貯金を残す方法をとるといいでしょう。貯金を一部だけ崩して頭金に充てて、残りの支払い額はローン支払いにするといいでしょう。貯金を残す額として、半年ほど働かなくても生活していけるくらいを目安にすると安心です。ローンは利息を支払う必要がありますが、近年は利率も低くなっていますし、頭金などまとまった金額を支払っておけば、ローンを組む金額を抑えることができるので、利息を支払う負担も抑えられます。

ディーラーはローンが良い?

自動車を購入することを希望した際に、新車をディーラーで購入する方法があります。このケースでは購入者にとって希望する内容としては、値引きを期待することがあります。商談を進めていく中で値引き交渉を行うことが基本とされていますが、購入するための手段として現金で購入する方法とローンを利用する方法に分けることができます。どちらの方法が良いのかと言えば、値引きを大きく期待する方のケースでは、一般的にはローンで購入する方法が有利とされています。その理由としては、ローンの場合では代金の回収を行うことが確実視されることになり、バックマージンを得ることもできます。さらに設定する金利の差によって得られる利益を確保することも可能になります。この点から普通ではローンで購入することによって、ディーラー側はメリットを受けることになり、その結果として割引きに反映させることができる仕組みを持っています。その一方で現金にて購入することを希望されている方は、残債を作らないことが大きなメリットとされており、借金などを作ることを嫌う方や、そもそもローンを利用できる立場を持っていない場合では、効果的に利用できる方法とされています。総評としては、商談を行う時点ではディーラー側に支払い方法を敢えて伝えないという方法もあり、できるだけ値引きを引き出した後に、支払い方法を告げるという方法も用意されています。どちらの方法であっても基本的には損をしてしまうということが無い部分でもあり、ディーラーとの交渉を上手に行うことのできる話術も大切になります。

ローンを組むなら頭金を入れよう

“自動車ローンを組むときは、頭金が必要だと考えましょう。
頭金なしで借りられるローンも存在しますが、用意したほうが審査で有利になります。
何よりも将来に支払うべき利息が変わってくるのです。
頭金を入れることで借入額は少なくなり、毎月の支払いも減ります。
借入額が少なくなると、借入残高に対して発生する利息が減るのです。

ローンの利息を決める要素は金利だけではありません。
それ以上に借入額が大きく関係してくるのです。
例えば、借入額が50万円と100万円では単純に利息は2倍変わってきます。
頭金を沢山用意するほど月々の支払いは楽になりますし、利息の支払いも減らせるのです。
長期的に見ると確実にお得になるため、頭金はなるべく多く用意したほうがいいわけです。

一般的に頭金として充てるのは、今まで乗っていた車の売却金です。
50万円で車が売れたならば、それを頭金にするのが一般的です。
貯金を充てるという方もいますが、貯金があまり少なくなると生活に影響するので、基本は車の売却金なのです。
高く車を売却するほど、新しい車を購入するときの負担が軽減します。

車の買値というのは、車買値業者により相当に変わってきます。
ほとんど違いがないと認識している方が多いですが、2倍、3倍の差が出るのが現実です。
ある業者に50万円で売却した車が、別の業者では80万円で売れるかもしれないのです。
自動車ローンの借入額を減らすためにも、車は高く売却しましょう。”

現金払いのメリット

“現金で自動車を購入するメリットは、ローンを組む必要がないことです。
ローンを利用すると、必ず利息が発生します。
利息ゼロの自動車ローンなど存在しません。
借入額に加えて利息を支払う必要があり、高級車を購入するほど利息も膨らむのです。
高級車を長期間で返済する場合だと、利息だけで100万円を超えることも珍しくありません。

利息の支払いというのは、家計にとって一番ムダなのです。
商品が手に入るわけでもなく、借りたお金に対して利息を支払います。
現金払いが可能であれば、利息など支払う必要がないのです。
現金払いならば200万円のクルマを200万円で購入できますが、ローンを利用すると200万円のクルマを購入して250万円の支払いが必要になる、といった状況になります。

現金払いのメリットには、毎月の支払いが不要なこともあります。
ローンを組んでしまうと、完済するまで毎月コツコツと返していく必要があります。
返済途中で失業しないという保証もありません。
途中でローン返済ができなくなれば、クルマを売却する必要性も出てくるでしょう。
ローンを組んでいる時点で、クルマの所有者はローン会社なのです。
自己名義のクルマではないため、正確には他人のクルマを借りて乗っているわけです。
現金払いで入手したクルマは、100%自己所有物となります。
売却するタイミングも自由であり、好きなときに乗り換えることができます。
ローンで購入したクルマだと、ローン完済までは売却することができません。”

ローンを組むメリット

“ローンを組むメリットは、貯金がなくても車を購入できることです。
車は家に次いで高額な買い物であり、新車なら国産でも200万円超えは当たり前です。
数百万円という金額を一括で支払える方は意外と少ないものです。

ローンを組むと金利が発生し、現金払いよりも総支払額は大きくなります。
この点についてはデメリットと言えるでしょうが、貯金を残しつつ車を購入できるメリットは大きいです。
自動車ローンを利用する方には、まとまった貯金を確保できている方もいます。
500万円以上の貯金がありながらローンを利用する方もいるのです。
貯金があるなら一括で購入したほうが得ですが、貯金が大幅に減るというデメリットもあります。
貯金をほとんど使い果たしてしまえば、いざというときに困ります。
生活において予想外のお金がかかることは普通にあり、そんなときのために貯金が必要なのです。

自動車ローンを利用できる方は、一定の信用力があります。
消費者金融のキャッシングと比較して審査は厳しく、より高い信用力を求められます。
その反面、金利はかなり低く抑えられています。
キャッシングなどの多目的融資に対して、自動車購入という目的融資に該当するため、金利は低く抑えられているのです。
ローンの返済期間は自分で設定できるので、利息を減らしたい方は可能な範囲で短期返済しましょう。
12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月というように、各返済期間で毎月の支払い額はどの程度変わるか、また総支払額と利息はいくらになるか確認しておきましょう。