ディーラーはローンが良い?

自動車を購入することを希望した際に、新車をディーラーで購入する方法があります。このケースでは購入者にとって希望する内容としては、値引きを期待することがあります。商談を進めていく中で値引き交渉を行うことが基本とされていますが、購入するための手段として現金で購入する方法とローンを利用する方法に分けることができます。どちらの方法が良いのかと言えば、値引きを大きく期待する方のケースでは、一般的にはローンで購入する方法が有利とされています。その理由としては、ローンの場合では代金の回収を行うことが確実視されることになり、バックマージンを得ることもできます。さらに設定する金利の差によって得られる利益を確保することも可能になります。この点から普通ではローンで購入することによって、ディーラー側はメリットを受けることになり、その結果として割引きに反映させることができる仕組みを持っています。その一方で現金にて購入することを希望されている方は、残債を作らないことが大きなメリットとされており、借金などを作ることを嫌う方や、そもそもローンを利用できる立場を持っていない場合では、効果的に利用できる方法とされています。総評としては、商談を行う時点ではディーラー側に支払い方法を敢えて伝えないという方法もあり、できるだけ値引きを引き出した後に、支払い方法を告げるという方法も用意されています。どちらの方法であっても基本的には損をしてしまうということが無い部分でもあり、ディーラーとの交渉を上手に行うことのできる話術も大切になります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です