貯金を残すという選択

車を購入するときの支払い方法として、貯金を崩して一括現金払いにするか、頭金を支払ってローンを組む、もしくは全てローンで支払う方法があります。現金で一括払いにすれば、毎月のローンの支払いがないので負担がありませんし、ローンの利息を払う必要もありません。しかし、現金一括払いにすることで、貯金を全て取り崩してしまったら、万が一、働けなくなって収入がなくなった場合は生活費が足りなくなって困窮してしまいます。そうならないように、ある程度貯金を残す方法をとるといいでしょう。貯金を一部だけ崩して頭金に充てて、残りの支払い額はローン支払いにするといいでしょう。貯金を残す額として、半年ほど働かなくても生活していけるくらいを目安にすると安心です。ローンは利息を支払う必要がありますが、近年は利率も低くなっていますし、頭金などまとまった金額を支払っておけば、ローンを組む金額を抑えることができるので、利息を支払う負担も抑えられます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です