ローンを組むなら頭金を入れよう

頭金額で審査も変わる

“ローンの審査というのは、絶対的な基準が設定されているものではありません。
属性の総合ポイントにより融資の可否が決定しますが、頭金の金額も大きく関係してきます。
頭金が0の場合と、借入額の2割の場合なら、間違いなく後者のほうが審査で有利となります。
借入額の2割と3割を比較した場合は、確実に3割のほうが有利です。

なぜ頭金が影響するかというと、頭金の金額により借りる金額が変わるからです。
キャッシングの審査にも言えることですが、借りる金額が少ないほうが審査に通過しやすいのです。
50万円なら無理だけど、30万円ならOKというケースはよくあります。

頭金は多いほどいいですが、用意できない場合は希望額を減らす工夫をすることです。
欲しい車を妥協してランクを下げるのは辛いでしょうが、ローンを組めなければ意味がありません。
ローンを組める程度まで、希望額を減らす必要があるのです。
年収400万円の方ならば、120万円程度に留めておくのがいいです。”

ローンを組むなら頭金を入れよう

“自動車ローンを組むときは、頭金が必要だと考えましょう。
頭金なしで借りられるローンも存在しますが、用意したほうが審査で有利になります。
何よりも将来に支払うべき利息が変わってくるのです。
頭金を入れることで借入額は少なくなり、毎月の支払いも減ります。
借入額が少なくなると、借入残高に対して発生する利息が減るのです。

ローンの利息を決める要素は金利だけではありません。
それ以上に借入額が大きく関係してくるのです。
例えば、借入額が50万円と100万円では単純に利息は2倍変わってきます。
頭金を沢山用意するほど月々の支払いは楽になりますし、利息の支払いも減らせるのです。
長期的に見ると確実にお得になるため、頭金はなるべく多く用意したほうがいいわけです。

一般的に頭金として充てるのは、今まで乗っていた車の売却金です。
50万円で車が売れたならば、それを頭金にするのが一般的です。
貯金を充てるという方もいますが、貯金があまり少なくなると生活に影響するので、基本は車の売却金なのです。
高く車を売却するほど、新しい車を購入するときの負担が軽減します。

車の買値というのは、車買値業者により相当に変わってきます。
ほとんど違いがないと認識している方が多いですが、2倍、3倍の差が出るのが現実です。
ある業者に50万円で売却した車が、別の業者では80万円で売れるかもしれないのです。
自動車ローンの借入額を減らすためにも、車は高く売却しましょう。”